住宅耐震基準には新旧がある


私たちが生きていく上で必要になるものはやはり家ですよね。
家が無いと安心して生活していくことができないので必ず必要になるものかと思いますが、
この家は必ず住宅耐震基準というものに従って造られているのを知っていますか?

古い家でも住宅耐震基準というものがあります。
ただ、現在の住宅耐震基準に比べると昔の家は基準が緩いようですね。

新住宅耐震基準になったのは昭和56年6月1日なので、それ以降に建てられた家であれば
新住宅耐震基準ではないかと思います。
昭和56年6月1日より前に建てられた住宅に関しては
旧住宅耐震基準で造られているので気になるのであれば一度調べてみると良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク

ただ、住宅によっては新しい基準になった後も前の基準で建てられているものもあるので
必ずしもこの日以降の建物全てに新しい基準が適用されているとは限らないようです。

よく震度5以上、や6以上の地震でも倒壊しないと宣伝している家があります。
しかし、中には手抜き工事などが原因で基準内やそれより低いにも関わらず、
倒壊まではいかないにしても住めない状態になってしまうこともあります。

ですので、これから家を購入しようかと思っているのであれば、
基準のこともそうですが、安心できる所で購入をした方がいいと思いますよ。


posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。