ツーバイ断震住宅にして地震に強い家にする


皆さんはツーバイ断震住宅というものを知っていますか?
最近注目されるようになったので知っている人もいるかと思いますが、
このツーバイ断震は何と震度6程度の地震でも揺れを感じにくいのだそうです。

ツーバイ断震の仕組みはこうです。
地震が起きたことを感知すると家の床下に空気が入るようになり、
地震が治まるまで地面から家を浮かせて揺れを大幅に軽減させることができるようになります。

このツーバイ断震住宅は東日本大震災が起こる前から取り扱われていたもので、
実際にこれを取り付けた家は東日本大震災の時もそこまで揺れを感じなかったそうです。

スポンサードリンク

ただ、地震発生時からすでに浮いているわけではないので最初だけ少し揺れを感じますが、
地震は最初のうちだけは小さいのでそこまでパニックになることもありません。
揺れが大きいと冷静な判断ができなくなってしまったりしてしまいますが、
揺れが小さいのであれば冷静に対処することができるようになります。

詳しい仕組みなどはちょっと調べるだけでも簡単に出てきますし、
画像付きだったり動画でその効果を紹介されているので是非探してみてください。

必要であれば業者に相談することもできると思うので、
まずはどんなものなのか、本当に効果はあるのかを見てみてはいかがでしょうか。


posted by 耐震対策 at | 断震住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。