天井耐震補強も大事


大きな地震が起きた時はいろいろなものが壊れてしまったりします。
家の中にいるとものが落ちてきたり窓ガラスが壊れたりなどいろいろなことがあります。
しかし、そういったものよりも怖いのが天井の落下ではないでしょうか。

非常に大きな地震があると天井が落ちてきてしまうこともあるので、
必要であれば天井耐震補強をしておく事をおススメします。

必要が無いのであればやらなくてもいいのですが、
古い家に住んでいるのでしたら念のために耐震補強診断をしてもらうといいかもしれません。
ただ、診断や補強工事をしてもらう時は必ず信頼できる人に任せるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

以前東日本大震災が起きた時は業者が訪問してくることが多かったようですが、
そういったものはあまり信用できる業者ではありません。
詐欺目的である場合もあるので、必要だと思ったら必ず自分から連絡をするようにしましょう。

また、診断の結果によってどんな風に補強していくのかを決めていくのですが、
天井耐震補強をしてもらいたいのであれば最初に天井耐震補強の希望を出してみると
希望に沿った方法で耐震補強工事をしてくれると思いますよ。

工事をする時は必ずどれくらいかかるのか見積もりなどを出してもらうと後々
予想外の費用がかかることもないのでおススメです。


posted by 耐震対策 at | 補強工事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。