ハウスメーカーのパンフレットにある耐震等級3などの意味


まり意識していない人もいると思いますが、家にはそれぞれ耐震等級というものがあります。
この耐震等級はその家によって異なるので調べないと分からないのですが、
これから家を購入しようと思っている人はハウスメーカーのパンフレットを見てみると
その家の等級が分かるようになっていると思うので、見てみてください。

そもそも耐震等級というのはその家がどのくらいの地震に耐えることができるのかということを
3段階で表したものです。

耐震等級1であれば震度6から7程度の地震で倒壊したりすることがなく、
震度5程度の地震では損傷しない家のことを指します。
これは東京での基準なのですが、だいたいどこの地域でも変わりは無いかと思います。

スポンサードリンク

耐震等級2は1の地震力の1.25倍の地震に耐えることができる家のことを指し、
耐震等級3は1の地震力の1.5倍の地震力に耐えることができる家のことを言います。
等級1は耐震基準法と同じ基準になっています。

数字が上がるほど地震に強い家なのですが、耐震等級3じゃなくて1でも十分だと思う人はいますよね。
これくらいの地震に耐えられるならわざわざ耐震等級3じゃなくてもいいと思うかもしれませんが、
1の場合は倒壊や崩壊はしなかったとしてもある程度の損傷は受けることになります。

ハウスメーカーの多くは耐震等級3となっていますが、
実際の所はどうなのかというのは良く分からないのでハウスメーカーのパンフレットを良く見んがら
どんな家にするか決めていくといいですよ。


posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。