耐震等級2や3は耐震基準法の何倍の耐震力があるの?


マンションや一戸建てなどには必ず耐震等級というものがあると思います。
この耐震等級というものは3段階あり、数字が上がれば上がるほど耐震性に優れています。
では、この耐震等級というものはそれぞれどのくらいの地震に耐えることができるのでしょうか。

耐震等級1は震度6から7程度の地震に耐えることができ、
震度5程度の地震では損傷しない家となっています。
これは耐震基準法と同じ基準になっているので、最近の家やマンションは
この基準に則って造られています。

これに対し耐震等級2は1の1.25倍の耐震力があります。
マンションの場合は耐震等級2の所が多くあるようですね。
耐震等級3は1の1.5倍の耐震力があると言われており、一戸建ての場合は
耐震等級3の所が多くなってきているようです。

スポンサードリンク

こういったものを見ていると耐震等級3の方が良いと思ってしまうものですが、
基本的には耐震等級2程度あれば十分耐えられるのではないでしょうか。

また、最近では免震や制震といったものも重要なポイントになってきているので、
耐震性能だけで選ぶのではなくこういったものも見ていくようにすると良いらしいですよ。

気になっている家やマンションの耐震等級はハウスメーカーのパンフレットや、
不動産屋のスタッフに聞いてみると分かると思うので気になるのであれば
こういった所から調べるといいでしょう。


posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。