住宅性能評価を受けないと耐震等級は無い?


自分たちが住んでいる家によっては住宅性能評価というものを受けているという所もあると思います。
この住宅性能評価というのはその住宅の性能を等級などで表したもので、
中にはこういったものが無い家もあります。

住宅性能評価というのはお墨付きを貰っているか貰っていないかの違いや、
もしその家に何かトラブルがあった場合、あまりお金をかけずに解決できる
「指定住宅紛争処理機関」といったものの利用ができるようになるのだそうです。

では、住宅性能評価を受けている住宅の方が安心して住めるのでしょうか?
答えは必ずしもそうであるとは言い切れません。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震等級1のマンションは安全?


一戸建ての住宅だけではなくマンションにも耐震等級というものはつけられています。
一戸建てで最近多くなってきているのは耐震等級3ですが、
マンションの場合はどのくらいのものが多いのでしょうか。

マンションの場合は住む人が多いからそれだけ等級も高いと思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、実際は耐震等級1であるマンションが多いようです。
何故だろうと思う人も多いですが、
マンションの場合、耐震等級を2や3にしようと思うとそれだけコストかかってしまいます。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震等級2以上なら地震保険料が安くなる


将来もし大きな地震が起きたらと思うと今から不安で仕方ないですよね。
地震に強い家とは言っても実際に地震が起きたら何が起こるか分かりません。
なので、最近では地震保険に加入する人も多くなってきているようです。

地震保険に加入すると地震保険料というものが必要になってきます。
地震保険料が必要なのは当たり前の話ではありますが、
この保険料は一定の条件を満たすと割引いてくれるのだそうです。
地震以外にもいろいろな保険に加入している人にとってはかなり有り難いサービスですよね。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震等級2や3は耐震基準法の何倍の耐震力があるの?


マンションや一戸建てなどには必ず耐震等級というものがあると思います。
この耐震等級というものは3段階あり、数字が上がれば上がるほど耐震性に優れています。
では、この耐震等級というものはそれぞれどのくらいの地震に耐えることができるのでしょうか。

耐震等級1は震度6から7程度の地震に耐えることができ、
震度5程度の地震では損傷しない家となっています。
これは耐震基準法と同じ基準になっているので、最近の家やマンションは
この基準に則って造られています。

これに対し耐震等級2は1の1.25倍の耐震力があります。
マンションの場合は耐震等級2の所が多くあるようですね。
耐震等級3は1の1.5倍の耐震力があると言われており、一戸建ての場合は
耐震等級3の所が多くなってきているようです。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンションだと耐震等級2が多い


マンションに引っ越そうと考えている人の中には耐震等級について調べている人も多いのではないでしょうか。
やはりできれば安心で安全に暮らしていける所に住みたいと思うものですよね。
なのでマンションを選んでいる時もついつい耐震等級のことが気になる人も多いですが、
マンションの場合はどれくらいの等級が一般的なのでしょうか。

一戸建ての場合は耐震等級3の所が結構多くあります。
これは等級の中で最も高いもので安心して住める家なのですが、
マンションの場合は等級が3の所はそこまで多くないようです。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震等級3のマンションってあるの?


最近では地震に関することに注目する人が多くなってきたと思います。
これからはいつ大きな地震が起きてもおかしくない状況なので、
敏感になってしまうのも仕方の無いことなのでしょう。

特に一戸建てやマンションなどの耐震等級に敏感になっている人が多いですよね。
耐震等級は数字が上がるほど地震に強い家と言われているので、
一戸建てを購入する人の多くは耐震等級3の家が良いと思っています。
では、耐震等級3のマンションというのはあるのでしょうか。

マンションのことを調べてみても耐震等級は1や2といったものが多いですよね。
なので耐震等級3のマンションというのはないのだろうかと思ってしまう人も多いですが、
実際の所はどうなんでしょうか。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウスメーカーのパンフレットにある耐震等級3などの意味


まり意識していない人もいると思いますが、家にはそれぞれ耐震等級というものがあります。
この耐震等級はその家によって異なるので調べないと分からないのですが、
これから家を購入しようと思っている人はハウスメーカーのパンフレットを見てみると
その家の等級が分かるようになっていると思うので、見てみてください。

そもそも耐震等級というのはその家がどのくらいの地震に耐えることができるのかということを
3段階で表したものです。

耐震等級1であれば震度6から7程度の地震で倒壊したりすることがなく、
震度5程度の地震では損傷しない家のことを指します。
これは東京での基準なのですが、だいたいどこの地域でも変わりは無いかと思います。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅耐震基準には新旧がある


私たちが生きていく上で必要になるものはやはり家ですよね。
家が無いと安心して生活していくことができないので必ず必要になるものかと思いますが、
この家は必ず住宅耐震基準というものに従って造られているのを知っていますか?

古い家でも住宅耐震基準というものがあります。
ただ、現在の住宅耐震基準に比べると昔の家は基準が緩いようですね。

新住宅耐震基準になったのは昭和56年6月1日なので、それ以降に建てられた家であれば
新住宅耐震基準ではないかと思います。
昭和56年6月1日より前に建てられた住宅に関しては
旧住宅耐震基準で造られているので気になるのであれば一度調べてみると良いかもしれませんよ。

続きを読む
posted by 耐震対策 at | 基準や等級について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。